いくつになっても
自然体で
生きたい

心はガキかも



くまさんの調査表








 





















訪問ください
新しい情報
をのせています


楽しんでいます

 



クリスチャン用









web マップリンク



 


















 (クリスチャンキャンプ)







 

 



 



 



くまさん夫婦  中村さん


販売しています

呼 び 名    戸川 勝義   
(Togawa Katuyosi)
キャンプ名    くまさん   
(くま・ではなくさんまでが名前)
ネット 名 くまさん ・ ひまくまさん 



クマさん主張
生活の様子は

キャンプを続けるための営業も
製麺屋
パン屋
食堂を
やっていますので
買って下さい
美味しいです





やっています

更新はボチボチですがよろしければ
頑張ります



MIXiを楽しんでいます

   
ここもちょくちょくやっています


ここはクリスチャン用です



1950年生まれ
   日本産 小型の部類
生   息   兵庫県北部(但馬地方)大屋町内
キャンプ歴

アウトドア歴

30年前に愛車にキャンプ道具を積み込み
   北海道を20日間の旅する。
  山歴が34年高校生頃からスタートし地図
  遊び中(昔に日本の山を歩いて赤ペンで
  日本列島の山を歩いてつなぐのが流行っ
  たのだが、完歩した人の話は知らない) 

 ・初めてのキャンプ  …    中学生
 
 ・初めて友達と行ったキャンプ   …  高校生
   大山のキャンプ場と大山登山
 
 ・初めめて行った長期オートキャンプ
   21歳の夏20日間/北海道キャンプ
 
 ・初めのキャンプ指導  1980年

行ったことのある
キャンプ場

・数はわからないが北は北海道で西は山口まで
  お気に入りキャンプ場は アルトス・ヴィレッジ
  だって、20年ほどキャンプ場巡りをして、こんな
  キャンプ場が欲しいと思って創ったキャンプ場だから。


他の道楽
・写真(高校生から)
 ・写真の被写体 (1970年頃から高山植物のみ) 
 ・山
   19歳から初める
    好きなコース=北アルプスー裏銀座コース


18番
人曰く:「器用貧乏」とか言われるているが。
       器用かどうかは本人にはわからない
       が不器用とは思っていない
       物作りは大好きです。キャンプ場も
       (綺麗ではないが)全て手作りです
       
       料理は修行はしていないが好きです
       予約制で野菜料理の食堂もしている

 ・山 遊 び ・・ん・・・十年

 ・ク ラ フ ト ・・キャンプ場の建物も全部手作りしたよ
 
 ・野外料理 ・・野外料理などという料理があるかどうか知
         らないが野外で作る食事は山登りを始めたと
         きに先輩からお前は食事係と言われ未だに
         卒業出来ず・・・!

 ・草木染め ・・・染め歴13年、型染めが得意
 ・講   釈 ・・・家族にはくどいと言われている
 ・さ  け ・・・・飲みません。でも、金は貯まりません

 ・菜  園 ・・・農家の次男で嫌いな農作業がこの頃好
          きになった野菜作り
          今は、プログラムとして野菜作りをしている。
          また、キャンプ場で使う食材作りとして励んでいる

 ・山野草 ・・・山野草は無限にあるのではないかと
          やればやるほど深みにはまっている 



   
   ツリーハウス・・国立赤城青年の家にて

くまさん講義中写真
たまには真面目に

キャンプの仕事




・専門学校のレクリエーションの非常勤講師
    1996年〜2001年

 ・委託キャンプと研修会講師
    神戸家庭裁判所(1997年〜)
    国立赤城青年の家(2002〜2003)
    兵庫県嬉野台生涯教育センター
     〃  南但馬自然学校
     〃  但馬県民局
     〃  播磨県民局
    尼崎市老人福祉センター
      大阪府の高槻市教育委員会/
      豊中市教育委員会/池田市教育委員会
          吹田市/枚方市野外活動センター
    兵庫県の宝塚市スポーツ振興公社
          大屋町教育委員会/美方町/
          朝来町公民館/和田山町公民館
    京都府の夜久野町教育委員会

    ほか
   クマサンの野外指導写真


 ・学校のキャンプ指導
   京都ノートルダム女子大学/
   大屋町・日高町・生野町の小学校他

 ・民間団体の委託事業
   神戸コープ共同学苑他
 
 ・生涯教育キャンプ及び講師
   
   まだありますが
以下省略
 



キャンプの信念

人と人のつながりを最優先にした自然派


くま流・
アルトスキャンプ



キャンプ(教育キャンプ)に目覚めて20年、特定の家元
 を持たず独学で開拓する
  
 ・1986年(平成元年)にアルトス・ヴィレッジを主宰する
  教育キャンプと「ふれ愛」キャンプに取り組む
 ・痴呆性老人キャンプを1993年に
       特別養護老人ホームと共催する
   (レクリェーションのテキストにも関連記事が載っている)
 ・福祉キャンプなどの野外レクリェーションの援助
 ・日本キャンプ協会の一級キャンプディレクター
 ・野外レクリェーション




ころからのキャンプ

幼児キャンプ
 ・企業研修
   野外教育で人のつながりや協力・協調でき
   創造性を養うことができる人の養成
 ・若い人と「生きる」について一緒に考てみたい


キリスト教キャンプ



信徒のクリスチャンとして教会活動を支援しています 
   ・神戸ルーテル聖書学院2年課程修了し9年後に
    キャンプ伝道(宣教)のために
     アルトス・ヴィレッジを主宰する



弱いところ

 一番苦手は金儲、
   人間と最初に話すこと ・仕事より遊ぶことが好きなこと

 ・長い物が苦手
 ・酒・・・飲みません。でも、金は貯まりません


家   族

あります



大切なもの


家族と仲間
  ・聖書 プロテスタントのクリスチャン所属はルーテル派
  ・人と人のつながり ・人と自然のつながり





アルトスの代表助っ人なかむらさん
   人形クラフトが得意で 動き出すと止まらなく
   日に一万歩も歩く日が度々あり人気者で、
   人間アルトス宝の一人です。 
        (足を向けて寝られません)




ほめられたこと  平成20年  大阪高等裁判所長官表彰
 平成24年  最高裁判所長官表彰



カット アルトス・ヴィレッジの歴史

初めてのキャンプ場写真
   今のキャンプ場写真
初めてのキャンプ場               現在のキャンプ場
開   設

 1988年(平成元年)

キャンプ場
創りたっかた理由


疲れた心と体を休める憩いの場を創りたかったから

気軽に行けるキャンプ場が欲しかった

キャンプ場なのにチェックイン・アウト等の変な規則無いところ

長期滞在できるキャンプ場で遊び(自然系)をしたかったから

一緒にキャンプしている人とも話をしたかったから

山・・自然が人の手で観光開発していないのが良いと思って


キャンプ場の

いま

そして

これから



・ゲストの人と一緒にクラフト・農作業・ネイチャー散策・語らいをしながら
 心と体に新しい命を吹き込めるようなキャンプ場

・ゲストの人が自分を見つめることが出来るようなキャンプ場

・誰でもキャンプをしたい人を応援するキャンプ場

・家族・仲間と私たちがふれあいができるキャンプ場

・本物自然・文化を知ってもらえるようなキャンプ場


Copyright (C) 2003 outodoor experience camp Altos-village. All Rights Reserved
TEL /FAX  079-668-0452